Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check  
  • 出張買取について
  • 持込買取について
  • 宅配買取について

ブランド家具のご紹介 | 取り扱っているブランドのご紹介

Ludwig Mies van der Rohe ミース・ファン・デル・ローエ

Less is more.(簡潔であるものこそ豊か)の標語で知られる「ミース・ファン・デル・ローエ(Ludwig Mies van der Rohe)」。
無駄のないシンプルな美しさは、くつろぎの部屋でもオフィスでも、現代人の生活を豊かにサポートしてくれます。

「ミース・ファン・デル・ローエ(Ludwig Mies van der Rohe)」は、ドイツ・アメリカを拠点に活躍した建築家・デザイナー。
「ル・コルビュジエ」「フランク・ロイド・ライト」と並んで近代建築の三大巨匠とも称され、彼のデザイン精神を表した言葉“Less is more.”はとりわけよく知られています。日本語に訳すならば、「簡潔であるものこそ豊か」といったところでしょうか。その言葉どおり、無駄のないシンプルな美しさを放つ彼の製作は、モダンデザイン界の発展を牽引してきました。
ミースは1886年、石工の家庭の息子としてドイツのアーヘンに生まれました。職業訓練学校で製図を学んだ彼は、卒業後漆喰装飾デザイナーとして勤務。最初の作品を世に発表したのは、1907年のことでした。当時勤めていた建築事務所の同僚の紹介で手掛けた「リール邸」です。この成功が転機となり、1912年に独立、自らの事務所を設立しました。その後は多数の建築を手掛けていきましたが、中でも有名なものといえば、「トゥーゲンハット邸」、「バルセロナ・パヴィリオン」が挙げられます。前者は現在ユネスコ世界遺産にも登録されている、チェコスロバキア時代の建築でもっとも美しいと名高い邸宅です。
後者はバルセロナ万国博覧会のために作られ、モダニズム的空間を実現した建造物として高く評価されました。そして、そのパヴィリオンと同様に世界的な名作と言われているのが、館内のインテリアとして製作された「バルセロナ・チェア」。スペイン国王夫妻を迎え入れる際に作られた同チェアは、一見して他の一般的なソファとは異なっていることがわかります。肘掛けが存在しない、なめらかなカーブで傾いた背もたれ。スチールの上に浮かぶように乗せた背もたれ・座面にはキルティングが施され、そのカーブがなんともいえないくつろぎを生み出してくれます。同じシリーズとして製作された「バルセロナ・オットマン」を足置きとして揃えれば、さらにくつろぎ感は倍増。リラックスタイムにゆったりとした時間を過ごしたい人の憧れチェアとして、現在も大変人気の名作です。
その他にも、優雅さと気が引き締まるようなシャープさが特徴の「ブルーノチェア」など、彼はオリジナリティあふれる作品を世に届けてきました。「ミース・ファン・デル・ローエ(Ludwig Mies van der Rohe)」の作品の魅力は、優れたデザイン性はもちろん、建築家としての視点から注ぎ込まれた機能性。
くつろぎの部屋でもオフィスでも、モダンな空気感を漂わせながら、わたしたち現代人の生活を豊かにサポートしてくれます。

この記事のカテゴリー:デザイナーズ

(※ 本コンテンツの文章を無断転載することを固く禁じます。転記する場合は、必ずご連絡ください。)

pagetop | ページの先頭へ戻る

取り扱いブランド

海外家具メーカー


国内家具メーカー


インテリアショップ


デザイナーズ