Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check  
  • 出張買取について
  • 持込買取について
  • 宅配買取について

ブランド家具のご紹介 | 取り扱っているブランドのご紹介

JOE COLOMBO ジョエ・コロンボ

創造性に富んだフォルムに備えられた、多彩な機能美、使い手の需要に的確に応える使い勝手の良さ。
見る者の心を躍らせる「ジョエ・コロンボ(JOE COLOMBO)」の家具は、今も人々を魅了し続けます。

「ジョエ・コロンボ(JOE COLOMBO)」は、イタリアデザイン家具の黄金期と言われる1960年代に活躍したデザイナーです。
新素材を巧みに取り入れた、プロダクトデザインの原点回帰的なデザイン・画期的な機能性の家具。彼の生み出す作品は、家具愛好家はもちろん、同世代のデザイナーたちの注目を常に集めました。若くしてこの世を去った後もなお、残された名作たちは輝き続けています。
1930年、イタリアのミラノに生まれた「ジョエ・コロンボ(JOE COLOMBO)」は、51年に「前衛美術集団」なるグループを発足し、当初は彫刻や絵画に取り組むアーティストとして活動していました。プロダクトデザイナーとしての仕事を始めたのは1962年、独立しデザイン事務所を構えてからのことです。そこから9年あまりの彼の活躍は、実にめざましいものでした。開業と同年に発表した、アクリルの透明度を活かして作られた斬新なテーブルランプ「アクリリカ」で、イタリアで最も権威ある賞「コンパッソ・ドーロ」を受賞。それらの作品が瞬く間に人気を呼び、プロダクト界の話題の中心となっていく中、1965年にはプラスティック素材を効果的に使用した家具などをイタリアの家具サロンで発表します。その後はベルニーニやカルテル、アリタリア航空といった企業との共同製作で、見る者を驚かせるようなデザインを多く手掛けていきました。「ジョエ・コロンボ(JOE COLOMBO)」の作品の特徴は、プラスティックやポリエチレン、ファイバーグラスなどという当時の時代に先駆けた新素材の使用、それに合った原点回帰的でありながらも未来的なデザイン、そして人が快適に使えるものづくりを意識した「多機能性」です。特に製図用の机としての機能にデッドスペースを作らない収納力、高いインテリア性をもプラスしたボビーワゴンは、発売以来現在に至るまでロングセラーとなっており、日本国内でも美容室や各種施設で多く導入されているのを見ることが出来ます。その他にも、シーンに合わせて自在に変形し、12種類の使い方が出来る「マルチチェア」などに、彼のセンスが集約されているのを感じ取れることでしょう。創造性に富んだフォルムに備えられた、多彩な機能美、使い手の需要に的確に応える使い勝手の良さ。見る者の心を躍らせる「ジョエ・コロンボ(JOE COLOMBO)」の家具は、今も人々を魅了し続けます。

この記事のカテゴリー:デザイナーズ

(※ 本コンテンツの文章を無断転載することを固く禁じます。転記する場合は、必ずご連絡ください。)

pagetop | ページの先頭へ戻る

取り扱いブランド

海外家具メーカー


国内家具メーカー


インテリアショップ


デザイナーズ