Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check  
  • 出張買取について
  • 持込買取について
  • 宅配買取について

ブランド家具のご紹介 | 取り扱っているブランドのご紹介

WARINGGILLOW ワーリングギロー

本国イギリスにおいては最高評価を誇る、Waring&Gillow(ワーリングギロー)のラグジュアリー家具。
長い歳月を経てもなお色褪せることのない、古き良きアンティークの魅力を堪能できる家具ブランドとして高い人気を誇ります。

Waring&Gillow(ワーリングギロー)は、1897年に設立されたイギリス屈指の高級家具メーカーです。確かな技術と良質なマカボニー材を用いた家具で有名なGillow(ギロー)社と、リバプールの地で長年支持されてきたWaring(ワーリング)社との合併によって設立しました。かつてのGillow(ギロー)社が一般家庭用の高級家具の他、芸術性に優れた美術館用家具や豪華客船の船室を彩るインテリア家具、イギリス王室などに向けた調度品を多数手掛けていたことを受け、Waring&Gillow(ワーリングギロー)からもイギリス王室を髣髴とさせるような美しい高級家具の数々が生み出されていました。しかしながら、時代の流れを経て1961年に同社は事実上の倒産を迎え、今日では現存しない家具ブランドとなってしまいました。その後はイギリスの老舗百貨店Allders(アルダース)がWaring&Gillow(ワーリングギロー)ブランドのライセンスを所有していた関係で、イギリス国内ではかつてのプロダクトの数々に出会うことが出来ました。そんな中、2012年6月のAllders(アルダース)倒産を受け、今後のWaring&Gillow(ワーリングギロー)ブランドの行方は大いに注目されています(本原稿執筆時である2012年6月下旬時点の状況です)。
 イギリス国内の数あるアンティーク家具ブランドの中においても、とりわけ高評価を得ているWaring&Gillow(ワーリングギロー)。洗練美と気品を兼ね備えたラグジュアリーな佇まいと、最高級素材ならではのナチュラルビューティーが、特別な存在感を感じさせてくれます。また、全体的な趣はさることながら、さりげなく施された装飾を始めとするあらゆるディテールを通じて、Waring&Gillow(ワーリングギロー)の魅力を再確認することが出来るでしょう。伝統と歴史を感じさせる本格的な仕様は、新鋭ブランドには決して真似出来ない、このブランドならではの“良さ”を感じさせてくれます。
 Waring&Gillow(ワーリングギロー)のような優雅な雰囲気のアンティーク家具は、「私の家にはとても似合わないから・・・」と敬遠される方が多いのが現状です。しかしながら、疲れた心にゆとりと豊かさをもたらしてくれるラグジュアリーなアンティーク家具は、私たち現代人の生活にこそしっくりと馴染んでくれる存在なのではないでしょうか?見ているだけで思わずうっとりとしてしまう、古き良き英国アンティーク家具は、家具愛好家の皆さんにはぜひチェックしていただきたいですね。

この記事のカテゴリー:海外家具メーカー

(※ 本コンテンツの文章を無断転載することを固く禁じます。転記する場合は、必ずご連絡ください。)

pagetop | ページの先頭へ戻る

取り扱いブランド

海外家具メーカー


国内家具メーカー


インテリアショップ


デザイナーズ