Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check  
  • 出張買取について
  • 持込買取について
  • 宅配買取について

ブランド家具のご紹介 | 取り扱っているブランドのご紹介

人間工学と力学の知識を駆使し、優れた耐久性・機能性を誇る名作チェアを数多く手掛けるRing Mekanikk(リングメカニック)。
その傑作の数々はまさに、私たち現代人にとっての「理想の椅子」であると言っても過言ではありません。

Ring Mekanikk(リングメカニック)は、1942年に創立されたノルウェーの老舗ファニチャーブランドです。創業当初はキャビネットや蓄音機などの生産を主としていましたが、終戦後に自動車の座席シートの開発で特許を取得したことをきっかけに、広くチェア全般の製造を手掛けるようになります。力学と人間工学の知識が駆使された画期的な新構造により、同社は、抜群の座り心地と確かな耐久性、そして優れた機能美を兼ね備える理想的なチェアを生み出すことに成功しました。1960年代より本格的にオフィスや一般家庭用のチェアの生産を開始しましたが、時を同じくしてRing Mekanikk(リングメカニック)のチェアは国鉄車両のシートデザインにも採用されるようになります。この時に開発されたエアポートエクスプレス(各都市と空港を結ぶ特急列車)の座席は、同社ならではの力学の知識が活かされた革新的なプロダクトとして、スウェーデン国内のデザイン賞においては1999年に見事銅賞を受賞した実績を誇ります。Ring Mekanikk(リングメカニック)は、優れたノウハウを活かしたチェアや列車シートを多数手掛けるブランドとして、今日もなお世界中の家具愛好家から支持されています。
 重厚感漂うフォルムと丈夫な作り、座った時の快適性・・・。Ring Mekanikk(リングメカニック)のチェアの魅力は、その佇まいの随所に感じるとることが出来るでしょう。加えて、しっとりとした本革の質感が、こだわりのチェアの美しさを一層引き立てています。Ring Mekanikk(リングメカニック)製チェアの代表的なものとしては、高めに設計された背もたれ部分とオリジナルのリクライニング機能が秀逸な『パーソナル本革チェア』や、シートに施されたステッチデザインがスタイリッシュな雰囲気の『プレジデントチェア』などを挙げることが出来ます。いずれも、北欧ならではのシンプルなデザインと抜群の機能性に特徴のあるチェアです。
 日本においては、まだあまり馴染みのないRing Mekanikk(リングメカニック)。しかしながら、独自の技術が活かされた確かな機能美を誇るチェアを一度でも体感すれば、たちまちこのブランドのファンになってしまうこと間違いなしです。「身体にしっくりとくる椅子に、未だ出会えていない」という方には、ぜひオススメしたいブランドですね。

この記事のカテゴリー:海外家具メーカー

(※ 本コンテンツの文章を無断転載することを固く禁じます。転記する場合は、必ずご連絡ください。)

pagetop | ページの先頭へ戻る

取り扱いブランド

海外家具メーカー


国内家具メーカー


インテリアショップ


デザイナーズ