Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check  
  • 出張買取について
  • 持込買取について
  • 宅配買取について

ブランド家具のご紹介 | 取り扱っているブランドのご紹介

JORIS/Joris Laarman ジョリス/ヨーリス・ラーマン

オリジナリティーを感じさせる斬新なコンセプトが印象的なJoris Laarman(ヨーリス・ラーマン)デザイン。
芸術作品さながらのアーティスティックな表情は、デザイン家具の域を超えた見ごたえを感じさせてくれます。

Joris Laarman(ヨーリス・ラーマン)は、1979年にオランダにて誕生しました。名門・Design Academy Eindhoven(デザインアカデミーアイントホーフェン)にてデザインを学んだ後、2004年には仲間と共に自身のアトリエJoris Laarman Lab(ヨーリス・ラーマン ラボラトリー)をロッテルダムの地に設立。同地では、建築家Rem Koolhaas(レム・コールハース)やデザイナーDema Kersvan(デマー・カスファン)、グラフィックデザイナーChristien Meindertsma(クリスティン・メンデルツマ)といったオランダの新鋭デザイナーらとアトリエスペースをシェアし、共に「ダッチ・デザイン」の一時代を築き上げました。従来の常識を心地良く覆す、遊び心と冒険心に満ちたオリジナルデザインに定評のあるJoris Laarman(ヨーリス・ラーマン)は、今日においてもなおデザイン活動に尽力しており、今後のますますの活躍が期待される実力派デザイナーのひとりとして数えられています。
 Joris Laarman(ヨーリス・ラーマン)が注目されるきっかけとなったのは、オランダのプロダクツコレクションdroog design(ドローグデザイン)で発表された壁面ヒーター『HEAT WAVE(ヒートウェーブ)』でした。波打つコンクリートで表現された繊細かつ優美なロココ調の装飾は、その抽象的な美しさが芸術性を感じさせる作品です。デザイン界においては“コンクリート・ポエム”と称され、今もなおJoris Laarman(ヨーリス・ラーマン)の最高傑作として高く評価されています。その後、剥き出しのアルミニウムフレームを「骨」に見立てた斬新なコンセプトで話題となった『bone furniture(ボーンファニチャー)』をリリースし、Joris Laarman(ヨーリス・ラーマン)デザインは更なる注目を集めました。
 Joris Laarman(ヨーリス・ラーマン)ならではの美的センスが色濃く反映されたプロダクトたちは、今日では実に30を超える作品がMoMAを始めとする有名美術館のパーマネントコレクションとして選定されており、さらにはThe Wall Street Journal(ウォールストリートジャーナル)が選ぶ2011年度The Innovator of the Year Awards(イノベーターアワード)のひとつに選ばれるなど、各方面から広く支持されています。
 一目見た瞬間に心奪われる、独創性豊かな芸術作品・・・。Joris Laarman(ヨーリス・ラーマン)によるデザインを言葉で言い表すならば、そんな表現が最も適合するのではないかと思います。美しさの中にある味わい深さや、デザインが示す意味などについて、個々に想いを巡らせてみるのもまた一興であると言えましょう。

この記事のカテゴリー:海外家具メーカー

(※ 本コンテンツの文章を無断転載することを固く禁じます。転記する場合は、必ずご連絡ください。)

pagetop | ページの先頭へ戻る

取り扱いブランド

海外家具メーカー


国内家具メーカー


インテリアショップ


デザイナーズ