Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check  
  • 出張買取について
  • 持込買取について
  • 宅配買取について

ブランド家具のご紹介 | 取り扱っているブランドのご紹介

日光に代々受け継がれる伝統工芸「日光彫」。
繊細な曲線による装飾が一面に施された家具からは、味わい深く、そして身近に、古き良き伝統美の素晴らしさを感じられることでしょう。

栃木県日光市の伝統工芸である「日光彫」。
世界中から訪れる人が絶えない地の伝統ということで、建築や家具に普段あまり親しみがない人でも、その名を聞いた覚えがあるかもしれませんね。「ひっかき刀」と呼ばれる三角刀を用いて彫られる「日光彫」の歴史について、実は正確なところはわかっていません。ただ伝承によれば、そのはじまりは「日光東照宮」の修復時。伝統美・装飾美の素晴らしさでよく知られる東照宮を、現在のような荘厳な建物に仕立てたのは、かの徳川家光の指示でした。その際、全国各地から集められた職人たちは、塗り替えしにくいような窪みなどに塗られた漆を除去するべく、刀の先端を折り曲げて使ったのです。その刀こそが「ひっかき刀」の起源、そして当時の職人たちがそれを用いて修復の合間に披露した余興が、「日光彫」の起源だといわれています。東照宮の修復はその後も度々おこなわれたために、日光へ移住した職人も多く、その流れの中で「日光彫」は、世代を超えて継承されて来ました。明治初期にはすでに国外から日光への観光客も多く、町で売られていた日光彫の彫刻の輸出も、この頃に始まったようです。
「日光彫」の最大の特徴は、ひっかき刀だからこそ生み出すことが出来る曲線美、そして木材の質感を活かした朱塗りです。彫り終えた素材に朱漆を塗り、その後黒炭を一面にかけた後で磨くことで立体的に見せる効果のある「日光朱堆塗り」という技法が、明治時代に定着しました(当時は技法の名をそのまま彫刻自体にも使って、「日光彫」そのものも「日光朱堆塗り」と呼ばれていた、とのこと)。現在では朱色の顔料を重ね塗りする、漆は使わない方法が主流となっています。素材となる木は主にカツラやトチノキ、ケヤキ、スギなど。熟練の職人たちは、浮かし彫り・透かし彫り・ひっかき彫り・沈み彫り・丸彫りといった技法を用いて、さまざまなモチーフを描いていきます。特に植物のモチーフが多く見られ、桜や菊・ニッコウキスゲなどさまざまですが、中でも最もよく描かれるのは、日光東照宮にも見られる「牡丹」。「日光彫」の作品は、手軽に持ち帰りが可能なお土産として人気の「手鏡」や「小皿」、「小物掛け」といった小さなものから、「箪笥」「収納箱」「テーブル」などの家具まで多種多様。
その魅力はもちろん、小さな小物を飾る彫りからも感じ取ることが出来ますが、繊細な曲線による装飾が一面に施された家具からは、より一層味わい深く、そして身近に、古き良き伝統美の素晴らしさを感じられることでしょう。

この記事のカテゴリー:国内家具メーカー

(※ 本コンテンツの文章を無断転載することを固く禁じます。転記する場合は、必ずご連絡ください。)

pagetop | ページの先頭へ戻る

取り扱いブランド

海外家具メーカー


国内家具メーカー


インテリアショップ


デザイナーズ