Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check  
  • 出張買取について
  • 持込買取について
  • 宅配買取について

ブランド家具のご紹介 | 取り扱っているブランドのご紹介

Fritz Haller フリッツ・ハラー

各国の一流企業オフィスをはじめ、世界的な建築家にも採用される「ハラー・システム」。
シンプルで美しい機能美を最大の特徴とし、安全性にも配慮されたシリーズは、現代の定番です。

「フリッツ・ハラー(Fritz Haller)」は、世界で最もよく知られ、成功したシステム家具と言われる「ハラー・システム(USM Haller)」をデザインしたことで名高い建築家・デザイナー。
60年代に開発されたこのシステムは、新世紀となった今でも年間500億円超を売り上げる、オフィス家具のスタンダードとなっています。
1924年、スイスに生まれた「フリッツ・ハラー(Fritz Haller)」。「赤と青の椅子」の製作などで著名なオランダの建築家・リートフェルトのもとで建築を学んだのち、生まれ育った街であるゾーロトゥルンにて、建築家・デザイナーとしての人生をスタートさせました。キャリアを重ねた1980年代には、「カールスルーエ工科大学」が有する、ドイツ最大の建築学部で教壇に立ったハラー。その名を一躍有名にするきっかけとなった「ハラー・システム(USM Haller)」が生み出されたのは、1963年のことです。
今や「キャビネット界のカリスマ」とも呼ばれるハラー・システムの何よりの特徴は、シンプルで美しい機能美。シリーズすべての家具は、パネルパーツとコネクトチューブ、ボールという基本パーツから構成され、それらを自由自在に組み合わせることで、どんな空間・シーンも機能的に、かつスタイリッシュに演出することが可能となっています。システムの紹介ページに「すべての道具は、余計に装飾することさえしなければ美しい」と記されているとおり、どれを取っても一切の無駄のない簡素なデザイン。装飾華美の過ぎるものもあふれる中、その洗練されたシンプルさは多くのビジネスマンや建築家・デザイナーなどの専門家にも受け入れられました。世界各国の一流企業オフィスに採用されていることをはじめ、個人の書斎や学校などでも「ハラー・システム」を見かける機会は多いことでしょう。「ノーマン・フォスター」などの世界的建築家が自身の建築・自宅に採用していることもまた、名作の呼び声を高めています。さらに念入りな実験をもって付加された強力な耐震性も、日本での暮らしに十分適応しており、日本での家具購入を考える際には欠かせない、重要なポイントのひとつと言えるでしょう。見た目の美しさ、機能性、安全性。
そのすべてを備えた「フリッツ・ハラー(Fritz Haller)」の傑作は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のパーマネント・コレクションにも選ばれた、現代の定番です。

この記事のカテゴリー:デザイナーズ

(※ 本コンテンツの文章を無断転載することを固く禁じます。転記する場合は、必ずご連絡ください。)

pagetop | ページの先頭へ戻る

取り扱いブランド

海外家具メーカー


国内家具メーカー


インテリアショップ


デザイナーズ