Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Check  
  • 出張買取について
  • 持込買取について
  • 宅配買取について

ブランド家具のご紹介 | 取り扱っているブランドのご紹介

Kai Kristiansen カイ・クリスチャンセン

実用的でスタンダードな美しさを持つ家具を生みだしたカイ・クリスチャンセン(Kai Kristiansen)。 ハンス・J・ウェグナーやボーエ・モーエンセンらとともに、デンマーク近代家具の父と呼ばれたコーア・クリントの思想を継承し、デンマークミッドセンチュリー家具の代表的存在です。


剣持勇 Isamu Kenmochi

身近な「あの容器」の作者でもある「剣持勇(Isamu Kenmochi)」。
その作品は、熟練した職人技と、剣持の深い知識・デザインセンスが遺憾なく発揮された、まさに「ジャパニーズ・モダンの傑作」と呼ぶに相応しいものでしょう。


CATHERINE MEMMI カトリーヌ・メミ

シンプルで洗練された暮らしこそが、最高の贅沢。
最小限の素材から、上質・優美と呼ぶに相応しい家具を作り出す「カトリーヌ・メミ(CATHERINE MEMMI)」は、ものに溢れた環境で生きる現代人に、そんな言葉を思い出させてくれます。


ARNE EMIL JACOBSEN アルネ・ヤコブセン

世界一のベストセラーで多くの人に親しまれる「アルネ・ヤコブセン(ARNE EMIL JACOBSEN)」
北欧家具の世界的ブームを築くきっかけともなった彼の作品は、素朴でありながら機能的で、使う人に「家具本来の良さ」を教えてくれます。


柳宗理(SORI YANAGI) 柳宗理

「バタフライスツール」などに代表される、モダニズムと日本の伝統美の融合。
「柳宗理(SORI YANAGI)」が追求した作り手の理念は、いつまでも眺めていたくなる上質な魅力の家具に、惜しみなく映し出されています。


Ludwig Mies van der Rohe ミース・ファン・デル・ローエ

Less is more.(簡潔であるものこそ豊か)の標語で知られる「ミース・ファン・デル・ローエ(Ludwig Mies van der Rohe)」。
無駄のないシンプルな美しさは、くつろぎの部屋でもオフィスでも、現代人の生活を豊かにサポートしてくれます。


Fritz Haller フリッツ・ハラー

各国の一流企業オフィスをはじめ、世界的な建築家にも採用される「ハラー・システム」。
シンプルで美しい機能美を最大の特徴とし、安全性にも配慮されたシリーズは、現代の定番です。


VERNER PANTON ヴェルナー・パントン

画期的なチェアなどで知られる「ヴェルナー・パントン(VERNER PANTON)」。
今なお「未来的」と感じさせる彼のデザインは、オフィスにもプライベートな空間にも、クリエイティヴィティーをもたらしてくれます。


Hans Jørgensen Wegner ハンス・J・ウェグナー

生涯に500点以上も製作された、独創性あふれるチェアの数々。著名人にも広く愛される作品群は、西洋風インテリアにも和風モダンにも合う作風が多数。
日本にもファンが多く、性別・世代を問わずに人気があります。


Vico Magistretti ヴィコ・マジストレッティ

「カッシーナ」の傑作ソファ「マラルンガ」などで人気を誇る「ヴィコ・マジストレッティ(Vico Magistretti)」。
広い視野から作られた名作家具は、今なお影響力を持ち、質の高い生活空間を求める人々を満たしています。


Enzo Mari エンツォ・マリ

視覚心理学と工業デザインへの造詣から、独自の世界観を展開してきた「エンツォ・マリ(Enzo Mari)」。
子どもから大人まで魅了する彼のデザインの数々は、世界中で高い評価を受けています。


Achille Castiglioni アッキーレ・カスティリオーニ

「フロス」の創業メンバー、画期的な照明の考案者として広く知られる「アッキーレ・カスティリオーニ(Achille Castiglioni)」。
その作品群は、生活者それぞれのシーンに合わせた演出で、暮らしに美しい存在感を添えてくれます。


Philippe Starck フィリップ・スタルク

日本企業とのコラボレーションも多数おこなっている「フィリップ・スタルク(Philippe Starck)」。
彼の手掛けるデザインには、常に他にはない斬新さ、溢れんばかりの遊び心、それを包み込む美しさが共存しています。


Eero Saarinen エーロ・サーリネン

空港や大学、研究所、教会......。幅広い、そして大規模な建築のデザインで知られる「エーロ・サーリネン(Eero Saarinen)」。
その名作の数々は、優雅なミッドセンチュリーの風を、わたしたちの暮らしに添えてくれます。


MARC NEWSON マーク・ニューソン

日本の人気インテリアブランド「IDEE」のデザイナー、もしくは携帯電話・カメラのデザイナーとしても馴染み深い「マーク・ニューソン(MARC NEWSON)」。
曲線と鮮やかな色づかいを駆使したフォルムは、他に無い美しさを放ちます。


Florence Knoll Basset フローレンス・ノール

アメリカの代表的家具ブランド「ノール(Knoll)」の発展に大きく貢献した「フローレンス・ノール(Florence Knoll Basset)」。
画期的なヴィジョンのもとで作られた家具は、デザイン関係者のファンの多さでもよく知られています。


Børge Mogensen ボーエ・モーエンセン

ナチュラルなものを好む家具愛好家を魅了するデザイナー「ボーエ・モーエンセン(Børge Mogensen)」。
素朴さと暖かみある美しさ、そして自身の実用に裏付けられた快適な使い心地は、そのすべての作品に感じられるでしょう。


FINN JUHL フィン・ユール

ユーモアと芸術性、家具としての心地よさ。
そして使い手自身のこだわり、クリエイティヴィティを刺激する、家具の彫刻家・「フィン・ユール(FINN JUHL)」の作品は、現在もその新鮮さを失うことがありません。


JOSEF HOFMANN ヨーゼフ・ホフマン

幾何学的なデザインにこだわりながら、それに人が触れる際の心地よさ・機能性も追求した「ヨーゼフ・ホフマン(JOSEF HOFMANN)」。
見た目にも実用の際も、心地よい芸術性に満ちた刺激と安心感を与えてくれるのが、彼の作品です。


TOM DIXON トム・ディクソン

単なる家具と呼ぶにはあまりにもアーティスティック、独創性に富んだ作品。
「トム・ディクソン(TOM DIXON)」にしか作り得ない、ユニークでポップな中に洗練された美を持つ家具の数々は、多くの人を魅了してやみません。


PIERO LISSONI ピエロ・リッソーニ

シンプルで汎用性に優れ、それでいて上質さ、エレガントさを感じさせる「ピエロ・リッソーニ(PIERO LISSONI)」の家具。
常にデザインの先を見据えた哲学が息づく作品は、空間に存在感を与え、使う人に快適性をもたらします。


HARRY BERTOIA ハリー・ベルトイア

金属彫刻家としても名高い「ハリー・ベルトイア(HARRY BERTOIA)」。
残された作品数はわずかながら、彼だからこそ生み出すことの出来たこだわりのチェアは、現代のさまざまなシーンに溶け込み、上質な空間を彩っています。


JOE COLOMBO ジョエ・コロンボ

創造性に富んだフォルムに備えられた、多彩な機能美、使い手の需要に的確に応える使い勝手の良さ。
見る者の心を躍らせる「ジョエ・コロンボ(JOE COLOMBO)」の家具は、今も人々を魅了し続けます。


ANTONIO CITTERIO アントニオ・チッテリオ

「アントニオ・チッテリオ(ANTONIO CITTERIO)」が手掛ける家具は、斬新でありながらも普遍的でシンプル、生活にフィットするもの。
そこには常に、今より暮らしを快適で豊かなものにしてくれる、信念が形となった機能美があります。


JEAN PROUVE ジャン・プルーヴェ

一切の無駄を省き、機能性と携帯性を重視した「ジャン・プルーヴェ(JEAN PROUVE) 」の作品群。
人々を魅了し続ける、洗練された美しさと職人らしい無骨さが融合した家具は、生活を上質に、そして空間を特別なものにしてくれます。


Le Corbusier ル・コルビュジエ

モダン・クラシックとして生産される「ル・コルビュジエ(Le Corbusier)」の家具は、建築と同様の思想に基づいた名品揃い。
完成された機能性、フォルムの美しさ、色あせないデザインは、空間を選ばず存在感を放ちます。


BRUNO MATHSSON ブルーノ・マットソン

曲げ木による美しいフォルム、「快適」を追求した機能性。
近年「人間工学」をベースとしたデザインは数あれど、「ブルーノ・マットソン(BRUNO MATHSSON)」の作品に一度でも触れれば、その本物の心地よさに酔いしれることでしょう。


JASPER MORRISON ジャスパー・モリソン

簡潔で普遍的、そして使いやすい。
人々が家具に求める基本が徹底的に備わった「ジャスパー・モリソン(JASPER MORRISON)」のデザインには、謙虚に「スーパーノーマル」を追求する志が込められています。


ISAMU NOGUCHI イサムノグチ

独特な曲線美のテーブル、和の伝統を世界に広めた照明。
家具を「彫刻」と捉え、独自の感性で名作を創り続けた「イサム・ノグチ(ISAMU NOGUCHI)」の作品は、空間に創造性をもたらし、ハイグレードな快適さを感じさせてくれます。


ALVAR AALTO アルヴァ・アアルト

人の暮らしを第一に考え、自然素材を北欧家具に馴染ませた「アルヴァ・アアルト(ALVAR AALTO)」の作品は、まさに自然体の美。
温もりに包まれた存在感は、空間を選ばず調和し、現代の生活に深みを与えてくれます。


LOUIS POULSEN ポール・ヘニングセン

どの角度から見ても光源が見えない、柔らかく美しい光。
「近代照明のルーツ」とも呼ばれる「ポール・ヘニングセン(LOUIS POULSEN)」の照明は、不朽の名作として愛され、今も人々の暮らしを照らし続けます。


GIO PONTI ジオ・ポンティ

「イタリア建築・デザインの父」と呼ばれる「ジオ・ポンティ(GIO PONTI)」。
伝説の椅子「スーパーレジェーラ(SUPERLEGGERA)」をはじめとする作品には、より良い家具を生み出すことにこだわった、独自の美意識が集約されています。


MARCEL LAJOS BREUER マルセルブロイヤー

斬新な発想とセンス、そして技術の融合で生み出された家具。
ライフスタイル・インテリアに関わらず受け入れられる「マルセルブロイヤー(MARCEL LAJOS BREUER)」は、モダン家具のスタンダードとして、普遍の美学を語り伝えています。


MARIO BELLINI マリオベリーニ

作品の多くが、ニューヨーク近代美術館のパーマネント・コレクションとされている「マリオベリーニ(MARIO BELLINI)」。
そこには彫刻的な美的感覚と、先進的・工業的な実用性の美しい調和を感じ取ることが出来ます。


CHARLES & RAY EAMES チャールズ&レイ・イームズ

無駄のない美しさと確かな実用性、そこにさりげなく詰め込まれた創造性。
コストパフォーマンスにも優れた「イームズ」の家具は、定番ながら決して使い古されることなく、今も多くの人を惹きつけます。


GEORGE NELSON ジョージネルソン

新鮮でスタイリッシュながらもどこか温かみがあり、そして遊び心があふれた家具。
どんな部屋にも存在感を与えてくれる「ジョージネルソン(GEORGE NELSON)」は、インテリアを楽しむこと、その価値を教えてくれます。


EILEEN GRAY アイリーングレイ

「ひとつの家具が持つことのできるあらゆる用途を考えていた」というデザイン哲学をそのまま映し出した「アイリーングレイ(EILEEN GRAY)」の家具。
その作品群は色褪せない芸術性・機能性を併せ持ち、現代でも輝き続けます。


GEORGE NAKASHIMA ジョージナカシマ

木を無垢材のまま扱い、「木がなりたい形」に向けてデザインされる「ジョージナカシマ(GEORGE NAKASHIMA)」の作品。
常に柔らかく自然で、そして完璧なまでに美しい。そのフォルムこそ、「木のこころ」に丁寧に向き合った結果です。



pagetop | ページの先頭へ戻る

取り扱いブランド

海外家具メーカー


国内家具メーカー


インテリアショップ


デザイナーズ